LOVENSE Lush の特徴とレビュー

最近ではスマホ連動のアダルトグッズもかなり充実してきていてちょっとしたブームになっています。スマホのアプリで操作できるようになり、今までのアダルトグッズを超えた楽しみ方ができるようになっています。

今回紹介するLOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)もブルートゥース搭載・スマホ連動・スマホアプリ対応・遠隔操作可能とスマホ対応のアダルトグッズの要素を兼ね備えたラブグッズになっています。

LOVENSEは日本では知名度が低いですが、海外では割とポピュラーなアダルトグッズメーカーです。

■LOVENSE公式サイト>>
■LOVENSE Instagram>>
■LOVENSE Twitter>>

LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)の特徴・おすすめポイント


LOVENSE Lush 世界中で大ヒット ブルートゥース搭載 遠隔操作可能なハイパワーバイブ スマホ操作 超強力弾丸バイブ 悶絶必死 (Lush)


LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)のおすすめポイント

LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)の特徴・おすすめポイントとしてはやはりスマートフォン連動機能だと思います。

その中でもおすすめポイントとしてはLovense Remoteアプリでパートナー同士がフレンド登録をすると相手のスマートフォンからLOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)を遠隔操作することが可能で、バイブの強弱・振動のパターンの操作も可能です。

遠距離恋愛の人やビデオチャットやイメプやチャットエッチ等での利用が可能です。その他音楽と連動して振動や声や音に反応して振動するモードも搭載しています。

LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)のまたもう一つは面白い機能としては、アラーム機能(目覚まし機能)を搭載しています。

実用性は疑問ですが、アダルトグッズと目覚まし時計という組み合わせは今までにないので面白いと思います。

LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)のアダルトグッズとしての機能も優れていて、内蔵のモーターが強力な割に静音性が高いです。

また突起部分にはBluetoothアンテナが搭載されています。

完全防水仕様なのでメンテナンス性も高いのと、USBによる充電対応で2.5~3時間(LUSH2)の連続使用が可能です。

iosやAndroidだけなく、Mac・Windowsにも対応(別途LOVENSEのUSBアダプターが必要)しているのが他のスマホ対応のアダルトグッズと違うところです。

ちなみにLOVENSE RemoteはApplewatchアプリもあるので手元で操作可能になっています。

LOVENSE Remote(スマホ・PC対応アプリ)の楽しみ方

LOVENSEのアダルトグッズはほとんどがスマホに対応していて、スマホアプリのLOVENSE Remote(無料)と連携して操作することが可能です。

振動パターンのカスタマイズダウンロードや音声・音楽連動機能・そして最大の特徴である遠隔操作・遠隔連携機能等を楽しむことが出来ます。

LOVENSE Remoteは定期的にアップデートされて機能が追加されていきます。またAndroid(4.3以降)・iOS(9.0以降)対応・Mac・Windows(PCはUSBBluetoothAdapterが必要)に対応
iphone/ipad/Applewatchにも対応しています。日本語に対応しています。

無料でダウンロードできるので購入する前にダウンロードしてみてどんな機能があるのか試してみるといいでしょう。

振動をカスタマイズ・振動パターンをダウンロードして楽しむ

LOVENSEのアダルトグッズは標準だと振動パターンな数種類ですが、LOVENSE Remoteと連携すると数千種類の投稿された振動パターンをダウンロード可能なのと自分でカスタマイズも可能になります。振動調整もスワイプ等で対応しているので操作性がとてもいいです。

音声連動・音楽連動機能で楽しむ

LOVENSE Remoteには音声連動・音楽連動機能があります。音声連動はスマートフォンのマイクと連携してLOVENSEが連動をします。

音楽連動機能はスマートフォンの音楽再生と同期してLOVENSEが連動する形になります。LOVENSE Remote内でプレイリストも作成できますが、Spotifyとのプレイリスト連携も可能なので細かい設定は必要ありません

近距離・遠距離遠隔操作・LOVENSE同士の連携機能

LOVENSE Remoteの最大の特徴としては遠隔操作・LOVENSE同士の連携機能です。インターネットに繋がっていれば、離れていても遠隔操作が可能なのでリモートセックスやオンラインセックスが実現可能です。もちろんひとりエッチでのスマホでの操作や屋外での遠隔操作も可能です。

他のスマホ対応アダルトグッズより優れている点はLOVENSE同士の連携機能(遠隔操作可能)な点です。例えば女性は「LOVENSE Nora(バイブ)」男性は「LOVENSE Max2(オナホール)」と連携することによりそれぞれのアダルトグッズが連動して快感を得ることが出来ます。

例えば「Max2」のオナホール上下に動かすと、パートナーの「Nora」のおもちゃが回転を始めます。速く動かせば動かすほど、バイブレーションのスピードは速くなります
■LOVENSE公式サイト・遠隔セックスプレイ紹介サイト>>

LOVENSE Lush1・Lush2・Lush3の比較

Lovense Lushシリーズは定期的にバージョンアップしています。Lovense Lush3はLush2との違いは「充電ポートがマグネット式」になって使い勝手が向上したのと「しっぽ部分はポジションホールドタイプに(伸ばしても元に戻る)」になっています。

後はアンテナの感度も向上しています。性能的にはさほど変わらないので、少しでも安いのがほしいという人はLush2・最新式のがほしい人はLush3を選ぶといいでしょう。

・充電ポートがマグネット式
・しっぽ部分はポジションホールドタイプに(伸ばしても元に戻る)
・アンテナ感度の向上

■LOVENSE Lush3製品詳細の続き・購入した人のレビューはこちら>>
■LOVENSE Lush2製品詳細の続き・購入した人のレビューはこちら>>
■LOVENSE Lush製品詳細の続き・購入した人のレビューはこちら>>

【主な製品仕様】
・充電時間90分で最大2.5- 3時間の連続使用が可能
・本体サイズ 挿入部分76mm・全長180mm・幅37.7mm(最大部)
・完全防水仕様
・USBによる充電対応
・本体の素材は身体に優しい素材(ABS/医療用シリコン)を採用
・Android(4.3以降)・iOS(9.0以降)対応
・Mac・Windows対応

LOVENSE Lushを実際に使用した感想

LOVENSE Lushを実際に使用したレビューとしては。LOVENSE Lushとスマホの連携は簡単で、ワイヤレスヘッドホンとスマホ接続したことある人であればできます。

LOVENSE Remoteアプリの操作は直感的に操作できます

LOVENSE Remoteの完成度は高いです。先端部分(アンテナ部分)で一応スイッチのオンオフや振動調整は可能ですが、スマホのLOVENSE Remoteアプリで振動とかをスライドでコントロールできたり、タップとかで切り替えできるのに慣れてしまうとほとんどスマホで操作します。

サイズは製品仕様を見ると76mmなのでバイブとしては小さめ・ローターとしてはちょっと大きめくらいでしょうか。Gスポットの刺激には適しています。フィット感はいいので多少身体よじってもずれません。

振動はどちらかというと小刻みな振動なのでGスポットへの刺激が一定リズムの刺激が好みの方にはおすすめです。振動は強めなので最小モードでもイクことができました(個人差あると思います)

静音性が高く生活音と同じくらいなので耳障りな感じはしないですね。遠隔操作等を楽しみたいカップルはLOVENSE Lushのほうがおすすめします。

逆にじっくりとひとりエッチ中心の場合はウィーバイブのほうがいいでしょう。

値段的にみるとLOVENSE Lushの方がウィーバイブより安いのでスマホ対応アダルトグッズを試してみたい人にもおすすめです

Lovense Remoteアプリの完成度は高く、カップル等で遠隔操作を楽しみたい人にはおすすめ

■LOVENSE Lush3製品詳細の続き・購入した人のレビューはこちら>>

LOVENSE Lushの紹介動画

LOVENSE Lush(ラブセンス ラッシュ)のYOUTUBEに掲載されているレビュー動画になります。購入前にチェックしてみるといいでしょう。



アダルトグッズを購入するには女性だけで運営しているアダルトグッズショップ「ラブトリップ」で買うのをおすすめ

アダルトグッズショップは多数ありますが、その中でも女性だけで運営してるラブグッズショップ「ラブトリップ」をおすすめします。

商品点数も多く、無店舗型性風俗特殊営業届出済なので安心して購入できます。

商品発送時も「バレない!安心梱包サービス」や「宅配伝票の商品表示の配慮」や「カード引き落とし先の配慮等」細かい点まで配慮してくれます。

アダルトグッズ初めての方向けの用途別セット販売もあります。

コラムも面白いので見るだけでも価値はあります。

■女性スタッフのみで運営「ラブトリップ」>>
■ラブトリップのクリトリス吸引アイテム一覧>>